So-net無料ブログ作成

歯周病になりやすい5つの習慣とは? [歯周病]

現代の半分以上の人は歯周病にかかっているといわれています。


歯周病は大人だけでなく子供もかかる歯ぐきの病気です。


しかし初期の場合痛みがないので、歯周病にかかっていることを
気づくことは稀で、痛みだした頃には病気が進行した状態です。


0-30.png



「自分は関係ない。」と思いがちですが、
歯磨きで血が出たり、歯ぐきの色が赤かったりすると
歯周病にかかっている可能性があります。


歯周病になりやすい習慣はなんでしょうか?

こちらでは歯周病になりやすい5つの習慣について
みていきましょう。







スポンサードリンク




1、歯を磨かない、または磨く時間が短い


お口の中の清掃をしないと、
歯周病菌をどんどん繁殖させてしまします。


歯を磨くのは虫歯予防だけでなく
歯周病予防にもなります。


もし、1,2分で歯を磨き終わるなら
しっかりと汚れを落とせていません。


口の中全体を磨くのには
最低3分はかかります。


3分以上かけていても
汚れを落としているのと落とせているのは違います


しっかりと歯ブラシの毛先があたっているか?
一度歯科医院で
ブラッシングの指導を受けてみると
自分の不得意な磨き癖がわかります。




2、しばらく歯石をとっていない


歯石は歯垢が唾液成分と混ざって石のように固くなった
歯周病菌の塊です。

periodontal_disease_mischief_4.png



歯石は見える部分だけでなく
歯周ポケットといわれる歯ぐきの境目の見えないところにも
広がっていきます。


しかし歯石を自分で取り除くことは出来ませんので
歯科医院で専門の器具で取り除いてもらうことになります。


ここ1年以内に歯石を除去していない人は
歯周病になりやすいですので、
定期検診も兼ねて
歯石除去に歯科医院を訪ねてみてくださいね。



3、口呼吸をしている



mouthbreathing_gape_girl.png



口呼吸をしていると口の中が乾きやすくなるので
唾液の防御作用が働きづらくなって
歯周病菌が繁殖しやすくなります。


鼻に疾患があり鼻呼吸がしづらい方は
マスクをするなどして
口の中が乾かないように気をつけてください。


日中は鼻呼吸をしていても
就寝中、無意識に口呼吸になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。


口呼吸でなくてもドライマウスの方も
口の中が乾燥しやすく、菌が増えるので
口臭も出やすくなります。
ドライマウスは全身疾患にも関わることもあります。






スポンサードリンク





4,歯並びが悪い


歯並びは見た目だけでなく、機能的に見ても
メリットがありません。


歯並びのせいで歯ブラシが届きにくく
常に歯垢や歯石が溜まりやすい状態になっています。


こういった部分から歯周病が広がっていきます。


歯の重なっている部位は特に念入りな歯磨きをし、
歯間ブラシやフロス(糸ようじ)を併用して
できるだけ清潔に保つことが大切です。




5、就寝中の歯ぎしり



bruxism-kids002.png


歯ぎしりは無意識の中で行われるため
思った以上に強い力で歯をこすり合わせています。


長期間この癖が続いていると
歯をすり減らすだけでなく
歯周病を悪化させたり
アゴの骨を痛めたりする原因になります。


自分では気づきにくいクセですが、
歯科用マウスピースでの治療もありますので
歯科医院で尋ねてみるとよいでしょう。







いかがでしたか?

1つでも当てはまることがあるようでしたら
改善していくことで
歯を長持ちさせることができます。


他人事とは思わずに
日頃からお口の健康を保っていきましょうね。






スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました