So-net無料ブログ作成

国民病である歯周病に新薬! [新治療]

今や大人の約8割が感染しているといわれる「歯周病

これだけ多くの方が感染していると
「国民病」のひとつといえるかもしれません。
とても人ごとではありません。


医療技術は日々進化しており
進行するのみであった歯周病が治る病気になるかもしれません。


real-teeth008.png

歯周病が進行するとどうなるか?



歯周病の原因は、歯についた歯垢です。
この歯垢が歯ぐきにつくと
歯ぐきを腫れさせ炎症を起こします。
ここまでは歯肉炎といわれる歯周病の初期の段階です。


ここから進行すると
歯垢が歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に入り込み
境目を広げていきます。


さらに進行すると
歯を支えている骨である歯槽骨を溶かしていき、
それによって歯を支えることが出来なくなります。


土台に深く埋まっていた歯はモノを噛めましたが、
土台が薄くなると歯がぐらつき、終いには抜け落ちるわけです。



歯ぐきを安定させる新薬とは?



今までは歯槽骨が溶けると もう元には戻せないので、
重傷の場合は抜歯しか方法がありませんでした。


歯科大学病院を中心に使われている新薬は
細胞増殖を促すトラフェルミン」というもの。


骨の再生や細胞増殖を促す成分が含まれており、
歯周病で溶けてしまった骨の再生につながるそう。


治療は、歯ぐきを開いて細菌を除去したあと
薬を1回塗布するだけ。


失った骨の約4割が回復したという臨床データも出ています。


日本で開発されたこの新薬によって
歯周治療にも大きな進歩がみられる期待がふくらんでいます。



歯周病を重症化させない3つのこと



歯周病を重症化させない努力が必要です。


歯周病を進行させないために、日頃から3つの事が大切です。


歯を磨く・・・自分流でなく、自分の為の磨き方の指導を受けましょう。

歯石の除去・・・自分では取り除けません。除去は歯周病の進行を止めます。

定期検査・・・定期的に歯科医院で検診を受け、口の中を清潔に保つ。



いかがでしたか?


新薬に頼る前に、まず自分で出来ることで歯周病にならないようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。