So-net無料ブログ作成
検索選択

金属をかぶせたら歯は長持ちするか? [抜歯]



金属自体はむし歯にはなりませんので、
金属をかぶせたほうが歯が長持ちするように考えている方は
意外と多いのかもしれません。


金属は長持ちしても
金属だけが残り、歯がダメになっていきます。


金属の歯のどこが問題なのでしょうか?


ginba1.PNG


口の中は高温多湿な上に、酸性にもなり、強い力も加わり
とても過酷な環境にあります。


かぶせる治療がどんなに精密に作られていても
過酷な口の中で長年の経過でさまざまな不都合が出てきます。




例えば・・・

・金属と歯の隙間からむし歯ができ、金属の下で広がっていくが、気づかない。

・神経を取っていない歯でも金属下の深くなるむし歯のせいで神経がダメになりやすい。

・神経を取っていると金属下のむし歯が広がり根の先に病気を作りやすい。

・歯ぐきの病気にかかりやすい。

・金属に汚れがつきやすく、自浄作用がはたらかない。

・かぶせた金属が腐食する。

・咬み合わせの歯を摩耗させてしまう。

・歯と金属の硬さが違うため、咬み合わせが狂いやすい。 など




長持ちさせるために必要なことは



歯科技工士さんによって、精巧なものをつくってもらうこと。


 これはとても大切なことで、作られた金属が口の中の組織と適合している必要があります。

 治療の歯だけでなく、噛み合わせ、顎の動き、歯ぐきの形などもきちんと歯科技工士さんに
情報をお伝えすることで、精度が高まります。
 
 これには治療をする歯科医師と歯科技工士の連携により、細部の情報を共有していきます。
今では少なくなりましたが、歯科技工士を雇っている歯科医院がいいでしょう。



日頃のメインテナンスが重要


 歯をいれてしまってそれで終わり。ではなく、
長持ちさせるためには、口の中の清掃をしっかりする必要があります。


金属の歯は自浄作用がはたらきにくいため
普通の歯よりも汚れやすくなります。


歯間ブラシや糸ようじを併用してしっかりと歯垢を取り除きましょう。


このメインテナンスを怠るとすぐに汚れてむし歯や歯周病をを悪化させます。



治療後のプロによる管理


歯医者さんでの治療後の管理です。

これにはかかりつけの歯医者さんに診てもらうのがいいです。

これによっていつ頃入れたのか?ということがわかります。



まとめ


金属を入れた歯は天然の歯よりも汚れやすいので
長持ちさせるために
毎日の口腔ケアとプロによる定期検診をしっかり行いましょう。


天然の歯に勝るものはありません。


天然の歯は口の中を清潔に保つことで一生涯使うことができます。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。