So-net無料ブログ作成
検索選択

電動歯ブラシの効果的な使い方とは? [歯磨き]

最近では、電気屋さんでも電動歯ブラシを
見かけますが、果たして『電動歯ブラシはどうなの?


と疑問を持たれているかたもいらっしゃいます。


electric-toothbrush006.png


電動歯ブラシも正しい使い方をしないと
効果は半減していまいます。


効果的な電動歯ブラシの使い方を確認していきます。



電動歯ブラシは、障害者用の器具として開発され、
その後1990年台に入ってからは一般向けに普及されてきた歴史があります。


手を動かさなくても歯ブラシを歯に当てるだけで汚れが落ちるのは
普通の歯ブラシを使用するのと大きな違いがあります。


電動歯ブラシの種類によっても大きな違いがあります。



電動歯ブラシの種類



電動歯ブラシ・・・振動数毎分3000~1万回
          毛先が振動や往復、または回転によって汚れを落とす。
          電動歯ブラシの中でも安価。
          特に歯に悪いところがなく、歯磨きの時間短縮を目的とする方向き。

音波歯ブラシ・・・振動数毎分3万~4万回
          毛先の振動数が電動ハブラシより多い。
          矯正中、口腔ケアをしている方におすすめ。

超音波歯ブラシ・・・振動数毎分4万回以上の超高速。
           ブラシのヘッドに超音波発生装置がついている。
           歯周病の治療中、歯周病対策をしている人におすすめ。



電動歯ブラシはどう持つのが効果的?



電動歯ブラシは普通の歯ブラシより柄の部分が太く重さもあるので
親指と人差指ではさみ、3本の指で支えて持ちます。

electric-toothbrush004.png




効果的な電動歯ブラシでの磨き方とは?



鏡の前で磨くようにしましょう。
そうすることで歯ブラシが当たっているかを確認することができます。

 歯ブラシの毛先を奥歯に当ててからスイッチを入れます。
毛先は軽く歯に当てるだけ
強く押さえつける必要はありません。

普通の歯ブラシのようにゴシゴシと動かさず、
奥歯から少しずつずらすようにゆっくり前に移動させます。

歯の外側、内側、上の歯、下の歯と歯ブラシを動かす順番を
決めて磨き残しの部位のないようにしましょう。

歯ブラシの毛先は3か月周期で交換します。

仕上げに歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)を
使い、歯間の清掃をします。





 
スポンサードリンク
 



電動歯ブラシに歯磨き粉は必要?



歯磨き粉を選ぶ際は
研磨剤の入っていないものを選ぶ必要があります。


mini_usagi_dental-powder.png

電動歯ブラシは、普通の歯ブラシよりも
歯にブラシが当たる回数が多くなりますので、
歯の表面も研磨剤によって傷つき、すり減ることもあります。


ホワイトニング効果のある歯磨き剤には
研磨剤が多く含まれていることが多いです。

研磨剤と同様、発泡剤を含んでいないものがおすすめです。
発泡剤が入っていると、泡によって磨きにくくなり、
磨いてなくても磨いた感があります。

歯磨き粉は補助剤で、ブラッシングの主体は
歯ブラシの毛先がきちんと歯に接しているかが大切なので、
歯磨き粉は少量でOKです。使いながら微調整してみてください。


効率的な毎日のブラッシングで
お口の中を清潔に保ちましょう。





スポンサードリンク
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました