So-net無料ブログ作成

口の中は肛門より汚い?! [歯について]

これを読まれている方は
毎日歯磨きをしていらっしゃると思いますが、
もし歯磨きをしなかったらどうなるのでしょうか?


cavity_mechanism02.png




あまり歯磨きしない人の口の中には・・・
約4,000~6,000億個の細菌がいます。


ほとんど歯を磨かない人の口の中には・・・
約1兆個の細菌がいます。


数が多すぎてピンとこないかもしれません。



起床時に口の中の粘つきや臭いが
気になったことはありませんか?

これは就寝中に口の中の菌が増殖しているためです。
起床後が一番口の中の菌の数が多いのですが、
実は起床直後の唾液1mlには、
便1gに含まれる細菌の10倍もいるんです。




歯磨きしない口の中は肛門より汚いのです。


mutans-special003.png



歯磨きをしているから大丈夫!と思うのは危険です。
きちんと歯磨きをしている人でも
歯にツイた歯垢の1gにはなんと1,000億以上の細菌がいます。


細菌が多いとどうなるのでしょうか?


増殖した菌はお口のトラブルを引き起こします。

主なトラブルが虫歯や歯周病で、
虫歯や歯周病にかかると予防しない限り
いずれは歯をすべて失うことになります。






 





細菌の増殖の影響ははお口の中だけではありません。



口の中の細菌は 唾液や食事とともに体の中に取り込まれます


この細菌を含んだ唾液や食事が誤って肺に入ると
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」を起こします。


特に飲み込む力が弱くなった高齢者は
肺に入ってしまうことが多いのです。


実は、
日本人の死因第三位が肺炎です。
今や10人に1人が肺炎でなくなる時代になりました。


その他に、
虫歯菌、歯周病菌が
脳まで運ばれていくと脳卒中に、
心臓に到達すると心筋梗塞になりやすくなる報告も出ています。


歯を失うと人工的な入れ歯では噛む力が半分以下になることで
脳への刺激が少なくなり
認知症になる割合が高いこともわかっています。




歯や口の中を健康に保つ習慣は
全身の病気にも大きく関わっているのです。




まずは口腔ケアをしっかり努めましょう。

自分でできること・・・毎日の歯ブラシ
専門家が行うこと・・・虫歯や歯周病のチェック
             歯石の除去      など




寝たきり等で自分で口腔ケアが難しくても口腔ケアは必要です。
介護者が行えること、往診をお願いしてみるのも必要な場合もあります。


visit_dentistry02.png



近所の歯科医院でも
往診について問い合わせてみてもよいでしょう。


口の中の菌をゼロにすることはできませんが、
日頃の口腔ケアで
菌の数を減らすことはできます。





歯医者さんでは 口の中の菌を検査し、虫歯にかかりやすいかをチェックしてもらえます。


気になる方は
歯科医院で尋ねてみてください。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。