So-net無料ブログ作成

虫歯をできやすくする5つの習慣 [歯について]

あなたは大丈夫?
日頃の習慣が、もしかしてあなたに虫歯を出来やすくしているかも。



pick-and-mix-171342_640.jpg



この機会に日常の習慣を見直して見ましょう!



かまない食事

現代の食事は、噛む回数が減っていると言われています。
今や世の中が便利に変わったと同時に食生活も変化しています。


ラーメンやパスタ、ハンバーグなど子供から大人まで
あまり噛まなくても食べられる食事を食べる機会が
現代人にはあふれています。


mouthbreathing_chew_sound_boy.png



噛まない食事は、歯の土台である歯ぐきが弱くなり、
歯の質も下がっていきます。

またしっかり噛むことによって唾液が分泌され、
食べ物を流すように促しますが、
それが行われません。
唾液の成分には菌の繁殖を抑える働きもあります。

しかし柔らかい食事だと
唾液の働きも弱くなります。




食事を取らない


唾液は食事によって多く分泌されますが、
ほとんど唾液を分泌する機会がありません。


それが原因で、口の中は菌が繁殖し、口臭の原因にもなります。


朝ごはんを食べない人も多くいますよね。
そうすると、夕飯から次の日の昼食まで、唾液が少なくなりますので
虫歯になりやすいです。


朝食をきちんととる場合より虫歯になりやすいです。






 


不規則な食事


朝・昼・夜以外にも、いつも口の中に食べ物が入っている状態だと、
むし歯になる菌のエサが常にある状態になり、
むし歯ができやすくなります。





虫歯になりやすい間食のおやつ

お菓子は糖分が多く使われているものがほとんどですが、
特にキャラメルやソフトキャンディは歯にペタッと貼り付きやすく、
歯に糖分をべったりとつけてしまいます。

food014.png


また、口の中で糖分が滞っている状態を作るので、
むし歯を作りやすくしてしまいます。


歯磨きが下手

歯磨きをしていない人はほどんどいませんが、
歯磨きをしていても虫歯になる人がたくさんいます。


それは歯磨きの目的である
歯垢(細菌の塊です)をきれいに清掃されていないからです。


歯磨きが上手なのか下手なのか?
まずこれを知る必要がありますね。


歯科医院で歯磨き指導をしてもらうと
自分自身の磨けていない所やどうすればきれいになるか?を
個別に教えてもらえます。






虫歯になってから歯医者さんに行く方が多いのが現状ですが、
虫歯にならないために歯医者さんに行きましょう。

虫歯と歯磨きチェックをお願いします。」と
受付にお声掛けしてくださいね。





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。