So-net無料ブログ作成

歯垢と歯石はどうやって除去するか? [歯周病]


虫歯や口臭の原因となる歯垢は 歯ブラシで落としましょう~

このようなテレビCMが流れてきそうです。



歯垢(しこう)も歯石(しせき)も
よく聞く言葉ですが、どう違うのでしょう??


436365.png


今回はよく質問をいただく
歯垢と歯石はどう違うのか?」について確認していきましょう。



歯垢(しこう)とは?

歯磨きの後に、
歯間ブラシで歯の間を清掃してみてください。
歯間ブラシがなければつまようじを使って
歯の間をさわってみてください。


歯間ブラシやつまようじの先に白っぽい汚れがついてきませんか?


やわらかくネバッとした感じのものです。


これが歯垢(しこう)です。


歯垢は食べかすではありません


口の中の細菌が、
食べカスを分解をして酸を発生させて増殖したのが
歯垢(しこう)の正体です。


つまり
歯垢は病原菌の塊なのです。


歯垢をとって顕微鏡で見てみると
細菌たちの動く様子をみることができます。


この歯垢が取り除かれずに
歯や歯ぐきの境目に居座ってしまうとどんどん増殖して
虫歯やそして歯周病になります。


歯磨きは この最近の塊である歯垢を清掃する作業になります。




歯石(しせき)とは?


歯の汚れが口の中のカルシウムと反応して
石のように硬くなったものです。


石のように固く、歯にしっかり密着していますので歯ブラシでとることはできません。


craftsmen-1010893_640.jpg


歯石は歯科医院でとってもらうことになります。



歯石のできやすさには個人差があり、
早い人は除去後3日~1週間ほどでできはじめ
半年後の定期検診にはどんぐりくらいの
大きさになる方もいらっしゃいます。


定期検診の間隔はかかりつけの歯科医院で
相談しましょう。



歯石は歯と歯ぐきの境目からつき始め、
歯石と接触する歯ぐきは赤く腫れてきます。


そして恐ろしいことに、
放っておくと、歯ぐきの下で増殖します。


歯石は歯磨きでは除去できませんので
歯ぐきの下は細菌の増殖の格好の場になるのです。


歯石を放置状態にしておくと
歯を支えている骨も溶かしていきます。


支える骨がなくなると
最終的にはグラグラになって歯は抜け落ちます。


0-30.png



歯を支えている骨は 一度溶けてしまうと元には戻りません



歯石は歯周病を進行させますので、定期的に歯科医院でとってもらう必要があります。




歯科医院での歯石の取り方


日本人のほとんどの成人が罹患しているといわれている歯周病ですが、
比較的軽度の歯周病では歯石除去は簡単です。


歯石に少しとがった器具を当てます。
その先から水と超音波が出ますので、
歯と歯ぐきの境目になでるようにあてると
歯石が剥がれ落ちてきます。


キ~ン、という音はしますが
ほとんど痛みはアリません。


削り落とすのではありませんのでご安心を。



中度の歯周病の場合


歯と歯ぐきの境目(ポケット)にも歯石がつき始めます。

まずは軽度と同様、
超音波の器具でおおまかな歯石を除去します。


その後取り切れなかったものがあれば
必要に応じて麻酔をし、
手動の器具で取り除きます。



重度の歯周病の場合

かなりびっしりと歯石がついているようなら
麻酔をして歯ぐきを切開し、目視しながら手動で取り除きます。


その後、歯科用包帯をして歯ぐきが落ち着くまで数日待ちます。


落ち着けば、後は定期的な歯石除去での対処が可能になります。



どの状態でも歯石を除去すると、歯を支えている骨が溶けるのを一旦止めてくれますし、接触していた歯ぐきの腫れも改善され、口臭も減少します。



まとめ

歯垢 歯石
白っぽい 黄色がかった白
硬さ やわらかい 硬い
除去 歯ブラシで 専用器具で
除去する人 自分で 歯科医院で
除去頻度 毎日 3~6ヵ月ごと
発症 虫歯、歯周病 歯周病







いかがでしたか?

虫歯・歯周病の原因は
歯垢と歯石です。


これをいかに継続して取り除くか?


毎日の歯磨き・定期的な歯石除去をぜひ実践されてください。




最後までお読み頂きありがとうございます。


スポンサードリンク



>>トップページに戻る





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0