So-net無料ブログ作成
虫歯m.png 歯周.png 痛いm.png 歯失う.png 矯正m.png 歯みがき.png 雑学m.png 治療法.png

フッ素で虫歯予防?フッ素は安全? [子供の歯]

フッ素で虫歯予防?フッ素は安全?


最近はCMでも『フッ素入り歯磨き剤』をよく見かけるようになりましたが、
フッ素入りというだけで、
入っていないものと比べると良さそうな感じがします。



フッ素の効能とは?


dentist-158225_640.png


フッ素の働きというのは、
人が飲食をすると歯の表面が酸によって脱灰をおこし、
その後口の中のミネラルによって再石灰化をします。


そのときにフッ素イオンが口の中にあると
再石灰化を促進し歯を結晶化させて歯質を強くする働きがあるのです。



フッ素イオンは自然界に存在し、飲料水にも含まれているところがあります。


フッ素が含まれている水を摂取していた地域の子供達には
むし歯になった子供がとても少ないことから
フッ素が虫歯予防にも効果があることがわかりました。



フッ素の安全な濃度は?


フッ素濃度が高いほど歯の石灰化に効果的だと思われがちですが
そうではありません。



高い濃度のフッ素を摂取しても結晶化せず
歯の表面にフッ化カルシウムができていきます。


これにはリン酸が含まれていませんので
歯のエナメル質の結晶にはならないのです。


そのため低い濃度のフッ素イオンが 唾液に溶けていつも存在する状態がよいとされます。



適切なフッ素の摂取濃度は
100ppm~500ppmの低い濃度のフッ化物溶液で
毎日口をゆすいだり、歯磨き剤を使ったりする位のものです。


フッ素入り歯磨き剤には
フッ素含有率が記載されていますが、
例えば1000ppmというような書き方でしょう。


この場合1gの歯磨き剤を100mlの水に溶かして
ぶくぶくうがいをするとちょうど100ppmになります。


歯の生え始めは歯質が柔らかくむし歯になりやすいので
この時期にフッ素を取り入れると
強い歯質が形成されます。




フッ素の取り入れ方は?


一番手軽は方法は、フッ素入り歯磨き剤を使うことです。


日本はフッ素の取り入れは遅れていましたが、
今は市販されている約8割の歯磨き剤はフッ素入りです。



hamigakiko_boy.png




その他には
歯医者さんでフッ素を塗布してもらう方法があります。



歯医者さんでは、歯をキレイに清掃してもらってから
歯に塗布していきますので、特に生え変わりの時期で
汚れをしっかりとりづらい年齢でも
フッ素をとりいれることができます。




その他に、
フッ素入り洗口剤を使用している学校もあります。


適切にフッ素を利用して強い歯質を手に入れましょう。



最後までお読み頂きありがとうございます。


スポンサードリンク



>>トップページに戻る





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。