So-net無料ブログ作成
虫歯m.png 歯周.png 痛いm.png 歯失う.png 矯正m.png 歯みがき.png 雑学m.png 治療法.png

歯は白くなる?1本だけ黒い歯を漂白 [白い歯・ホワイトニング]


歯を白くしたい!と希望して歯医者さんを訪れる方は
最近は増えてきています。


歯を白くする方法はいろいろありますが、
歯の漂白が可能な歯についてお伝えしていきます。

bleach005.png


周りの歯が白いのに
1本だけが黒いと余計に黒さが目立ちます。


1本だけ黒ずんだ歯は
なんらかの理由で歯の中にある神経が死んでしまったときに起こる現象です。


神経が死んでしまった歯は黒ずんできます


それが前歯だと色の違いがすぐわかりますので
神経の死んだ1本だけを漂白する方法があります。



スポンサードリンク





神経の死んだ歯の漂白方法




死んでしまった歯でも色が気にならなければ
漂白をする必要はありません。


しかし前歯の1本だけの黒ずみは目立ちますし
印象もあまりよくありません。



ここから神経が死んだ黒い歯の漂白方法です。
(神経の死んだ歯は、削っても痛くないので麻酔をする必要もありません。)

1,神経の死んだ歯の裏側から穴を開けます。

2,神経のあった歯の穴に漂白剤を入れて一旦フタをします。

3,約1週間後にフタを開けて、漂白剤を浸していた綿花を取り出します。

4,歯が漂白されたら歯科用材料で穴を塞ぎます。



この方法は周りの生きている歯のような透明感のある白にはなりませんが、
黒ずみはとれますので、色の違いの違和感はかなり軽減されます。


死んだ歯の漂白は1度すると6ヶ月位は白い色を保てますが、
時間が経つとまた黒ずんだ色になってきます。


この漂白方法は何度でも繰り返すことができますし、
保険内治療も可能ですので、気になったときに再治療もできます。



スポンサードリンク






なぜ漂白?白い歯を被せたほうがラク?




歯の損傷が多く形を保っていられない場合は
歯に土台をたてて白い歯を被せる方法をとります。


しかし歯の損傷がそれほどない状態で
色だけの心配事なら
しばらくは漂白で白くすることをおすすめします


なぜなら歯をかぶせてしまうと
処置法がうまくないと
むし歯になりやすくなったり歯ぐきに炎症が起こりやすいという
リスクを避けられないからです。


歯を削ることは、歯がある限りの有限です。
一度削ると元には戻れません。
神経が死んでもできるだけ歯を削らないことが好ましいです。


しかし、神経を失った歯は、神経のある歯より
断然強度がなく、折れたりかけやすいのも事実です。


tooth-breaks.png




被せる選択をする目安は??

神経のない歯が折れないか心配でモノが噛めない。

また色が黒ずんできて・・・半年に一度の漂白が手間に感じてきた。

黒ずみの歯に虫歯ができて、大きく削ることになった。

歯にヒビが入った。歯が欠けた。    など



そういったときに被せる選択をしても遅くはないでしょう。

かぶせることはいつでもできますから。



私自身も子供の頃に前歯をぶつけて神経が死んでしまい、
10年以上も黒ずんだままの前歯でした。

その後6~9ヶ月に1回位漂白をして、
3回くらい漂白をしたときに
引越を機に被せの治療をしました。


きれいな被せを入れられるには
良い歯ぐきの状態が必要です。


それに気を配りながら歯磨きと定期検診を繰り返し
ついに白い歯を被せました。


被せた今も歯ぐきの状態を保つよう努力していますので
10年近く経った今でも問題なく
いい状態の被せを保っています。


歯の漂白にするか?いっそ被せてしまうか?
そのタイミングはかかりつけの歯医者さんとの相談で
決められるといいでしょう。


最後までお読み頂きありがとうございます。



スポンサードリンク


>>トップページに戻る


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。