So-net無料ブログ作成
虫歯m.png 歯周.png 痛いm.png 歯失う.png 矯正m.png 歯みがき.png 雑学m.png 治療法.png

歯の神経を取るとどうなるの? [痛い]

歯の神経を取る」とは、どんな状態なのでしょうか?
痛みはあるのでしょうか?

こちらのページでは「歯の神経」についてお伝えしていきます。



mushi1.PNG

1本1本の歯の中には神経が通っていることで歯が生きています。


歯の中枢にある神経から細かな血管によって細部までミネラルなどの栄養分を運んでいます。


歯に強度をもたせると同時に、
歯に一定の水分を含ませ、歯に柔軟性をもたせることで
噛んでも折れにくいしなやかさも与えています。



健康な歯なら神経はしっかりと歯の組織に囲まれています。



しかし虫歯が大きくなって
神経のすぐそばまで広がったり、または
神経部まで到達してしまった場合、
神経が充血して傷んでしまいます。

mushi3.PNG



神経の通る血管が細いこと、また神経が硬い歯の組織に囲まれていることから
一度神経が傷んで充血すると元に戻の状態に戻ることは難しく、
今は少しの痛みでもいずれは強い痛みを伴っていくことが多いのです。


痛みが激しくなると夜も眠れないくらいの痛みになります。


この時の治療が「神経を抜く」というものです。


どこの神経を取るのか?




神経を取るのは傷んだ歯の中の神経です。
歯の神経はあごの神経とつながり、三叉神経~大脳へとつながっていますが、
歯の中の神経だけを取る治療になります。








歯の神経を抜くのは痛い?




歯の神経を抜くとき、痛くない場合と 痛い場合があります。

虫歯などに侵されている度合によって違いますが、
大きな虫歯なのに歯が痛くないなら、ほとんどの場合、すでに神経が死んでしまっている可能性があります。


神経が死んでしまったら、歯は痛みません



しかし、死んでしまった神経は病巣に侵されており、それが進むとアゴにまで病巣が広がりますので
神経の入っていたところをしっかりと消毒する必要があります。


虫歯が痛い、歯を削ると痛いのは、神経が生きているからです。


何もしなくてもズキズキしたり、熱いものがしみるようなら
残念ながら生きている神経を抜く治療になります。


まだ生きている神経を取るときは麻酔をして治療を行います。


最近は塗る麻酔薬を歯ぐきに塗り、
その部分に麻酔注射をする歯医者さんが多く、
麻酔注射の痛みも軽減する配慮もなされています。


治療はまず神経の入っている空洞まで削っていきます。

そして神経=歯髄(しずい)をとっていきます。


complete-recovery003_caption.png




歯の中の神経を細い針のような器具を使って取っていきます。


器具の太さは細いものから太いものまで多くの種類があり、
空洞の太さに合わせて使い分けをしていきます。


complete-recovery004_caption.png



すごく細やかな作業となります。
歯の根っこの先は見えない部分ですので、
電子メジャーを使って精密に測定しながら、根の尖端まで確実に神経をとっていきます。


complete-recovery005_caption.png



神経を取った日から
神経の入っていた空洞に消毒薬を入れて空洞にフタをします。


神経を取った日は個人差はありますが
痛みが伴う場合がありますので、痛み止めを飲んで様子をみます。


ほとんどの場合、1~2日、長くても1週間もしないうちに違和感が治まります。



complete-recovery006_caption.png




歯の中が無菌状態になるまで数回通院が必要になります。

この通院時は麻酔をする必要がありません。


神経をとったらどうなるの?




神経を取った歯は死んだ歯、木で例えるなら枯れ木です。

枯れ木が折れやすいように、歯も折れたり割れやすい弱さになります。
また、歯の色もくすんできます。


神経を取った歯は歯の寿命が短くなってしまいますが、
神経を取った後に歯をかぶせたりして修復すれば
噛める歯として使っていけます。


complete-recovery007_caption.png



そして長く温存させるために
定期的なメインテナンスされることをおすすめします。


もし神経を取った歯が虫歯になっても痛みはありません。
痛くないということは、虫歯が大きくなっても気づきにくいということです。


定期検診をすることで
万が一虫歯になっても早期発見早期治療をすることができます。


新しい歯を入れたら終わり!

ではなく、

新しい歯を入れたところから、また長持ちさせる定期検診の始まりとなるのです。



最後までお読み頂きありがとうございます。




>>トップページに戻る






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。