So-net無料ブログ作成
虫歯m.png 歯周.png 痛いm.png 歯失う.png 矯正m.png 歯みがき.png 雑学m.png 治療法.png

矯正をする前に知っておくべきこと [歯科矯正]

orthodontics033.png


矯正治療をすると歯並びがキレイになり
全体の印象もぐっと良くなります。


もしあなたが矯正をしたいと思っているなら、
治療を開始する前にメリットだけでなくリスクがあることも知っておきましょう。


今回は『矯正をする前に知っておくべきこと』をお伝えしていきます。


スポンサードリンク







矯正の期間は?





力を加えて少しずつ歯を動かしていくので時間がかかります。


歯並びの具合や範囲、治療方法、歯の動きやすさの個人差はもちろんありますが、基本的には矯正期間におよそ2年、歯の戻りを止めて歯を安定させる保定期間に2年かかるといわれています。


これは平均期間なので、症状によってまだ長くかかることもあります。
歯の動きやすさは一般的に大人より子供のほうが早い傾向にありますので、個人差によっても期間は変わります。


歯並びの具合が軽かったり範囲が狭い場合は
治療方法によってはもっと短くなります。



保定期間は、矯正にかかった時間と同じ位かかります。


その間に約1か月に1度位のペースで定期検診を受ける必要がありますので
通いやすい立地の歯医者さんがいいですが、万が一転勤や帰省などで引越する場合は
移転先の矯正歯科への紹介状を作成してもらうことで矯正の治療を継続することもできます。



こちらの記事も参考にどうぞ >> 信頼できる矯正歯科医の探し方



矯正は痛い?




定期検診にて矯正装置に力を加えてもらったときは
歯にも力をかけて動かしていくので、多少の痛みがあります。


個人差はありますが、半日~2日位で痛みが治まってきます。


全体に痛みがある場合と、局部の歯に痛みがある場合がありますが、
治療時の力の与え方、痛みの感じやすさなどによって違います。


調整したばかりの痛みの場合、痛み止めを処方されることもあります。
痛みのある時は硬いものは噛まないなど歯に負担をかけないようにしたほうがいいです。


歯根の成長期に歯を動かすと歯根が溶けて多少短くなってしまうことがあります。
また、歯を動かすときに力を加えすぎたり方向を誤ると歯の周りの骨が吸収されてしまう場合もあります。


しかし痛いからといって歯磨きをしないのはNGです。
矯正中こそ歯磨きがとても重要です。



スポンサードリンク






矯正は歯を抜く?





症状によっては歯を抜いてスペースを作り、そのスペースを利用して歯をキレイに並べる方法があります。


あごの大きさに対して歯の幅が大きいと
歯はどうしても重なって並ぶようになるので
歯を抜く必要があります。


歯を抜く場合は真ん中の歯から数えて4番目を抜く事が多く、
むし歯にもなっていない健康な歯を抜くのは抵抗がある方が多いと思います。

歯を抜くか抜かないか?


これは歯並びの状況や
あごの大きさなどを総合的に判断して決定されます。





矯正は高価!?





矯正治療は基本的に保険がききませんので高価です。


治療範囲や治療方法、歯医者さんによって治療費は違いますが、
およそ60~120万円位かかります。


ほとんどの場合、定期検診以外の全てを含んだ料金設定ですが、
治療費にはどこまで含まれているか
矯正前に歯医者さんに確認しておきましょう。




これは含まれている??
・初診時の矯正検査料
・定期検診時の費用(1回およそ5,000円位)
・矯正装置、保定装置が壊れた場合の新しい装置代金
・矯正時の歯磨き指導料
・保定装置料
・歯の後戻りした時の再治療保証期間と料金   など



説明を受けていないのに後で追加料金が必要にならないように
金額に関してもきちんと納得しておきましょう。


こちらの記事も参考にどうぞ >>受けてはいけない歯科治療とは?



矯正治療のリスク




歯並びを治すつもりが、むし歯や歯周病にかかったりひどくなってしまうと
せっかくの矯正治療が無駄となってしまいます。


むし歯や歯周病になることなく歯並びがきれいに治れば
それこそが矯正治療の成功といえるかもしれません。


矯正治療中こそ歯磨きや口の中の清掃を十分行うことが重要になります。


矯正治療は口の中に複雑な治療装置を入れることになりますので、
歯磨きもしずらくなり、むし歯や歯周病のリスクはかなり大きくなることを
覚えておきましょう。


矯正中の時こそ積極的に使いたい歯磨き粉がBRIAN(ブリアン)です。


むし歯にかからない子供の口の中の状態から発見された菌を応用した歯磨き粉なので、むし歯菌の活動を抑えて善玉菌を増やしていきます。


むし歯になりやすい人、むし歯になりたくない人にオススメです。


>> 善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉


特に永久歯が生えたころの成長期の矯正治療の場合、
甘いものを口にする機会が頻繁であるとなおさら口の中が汚れやすくなります。


甘いものを控えたりなど食生活にも気を配ることが大切です。


自分で行う普段の習慣と歯科衛生士による專門的な清掃によって
口の中を清潔に保つようにしていきましょう。




最後までお読み頂きありがとうございます。


スポンサードリンク



>>トップページに戻る





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。